どちらに依頼するか | 債務整理をすれば抱えている借金の整理をして返済しやすくなる

債務整理をすれば抱えている借金の整理をして返済しやすくなる

どちらに依頼するか

「どちらに依頼するか」のイメージフォトです。

借金をできるだけ早く返済し、借金をする前の生活に早く戻ることができる債務整理は借金を抱えている人たちにとって、頼りにすることができる手段です。
借金がある人たちにとって大きな救いである債務整理を依頼することができるのは弁護士と司法書士の二つがあることは既に何度も触れていますよね。
実際に債務整理の相談をしようと思って調べたことがある人もいるかもしれませんが、弁護士に依頼した場合と司法書士に依頼した場合の違いはあるのか、気になりませんか?
また、どちらに依頼すればいいのか迷ってしまい、結局債務整理を後回しにしてしまったことがある人もいるのではないでしょうか。
弁護士に依頼した場合と司法書士に依頼した場合、どういった特徴や違いがあるのか、債務整理を依頼する前にしっかり確認しておきましょう。

弁護士は本人の代理人として自己破産や個人再生申し立てなど、ほとんどの手続きを本人のかわりに行ってくれます。
また、裁判所で裁判官と行う審議でも同席してくれるので依頼者にとって心強い存在になってくれるという特徴があります。
司法書士に比べると引き受ける業務量が多いのですが、その分、依頼料も高めになるので弁護士に依頼をするときはその辺りに注意しなくてはなりません。

一方、司法書士は債務整理問題に関して、基本的に書類作成代理人として書類作成を中心に行ってくれます。
あくまでも書類作成が中心なので申し立てなどは依頼者本人が行う必要があり、裁判所での審議も同席することはありません。
ですが、任意整理の場合、個人再生や自己破産と違って債務額が1社あたり140万円以内であれば代理人として動いてくれるという特徴があります。
依頼料も弁護士より安くなることが多いので、依頼料を安くしたい人や債務額が少ない人は司法書士に相談するといいかもしれませんね。