借金の減額をするなら | 債務整理をすれば抱えている借金の整理をして返済しやすくなる

債務整理をすれば抱えている借金の整理をして返済しやすくなる

借金の減額をするなら

「借金の減額をするなら」のイメージフォトです。

抱えている借金の金額がとにかく大きくて苦しいという思いをしている人も、借金をしている人の中には多いでしょう。
特に複数の借金を抱えていたりすると返済金額も相当なものになりますし、きちんと返済しているはずなのになかなか終わらなかったりしますよね。
できることなら借金を減額したい……そう思ったときは債務整理手続きで個人再生を選択しましょう。

個人再生というのは債務整理手続きで選ぶことができる方法の一つで、裁判所を通じて借金の減額を行うことを目的としています。
多重債務者の再生計画を図る方法で、裁判所に提出した再生計画が認可されると原則として債務が5分の1に減額され、減額された債務を3年から5年で支払うことになります。
住宅などを手放さずに手続きをすることができるため、保証人になっていない限り、家族に影響が出たりすることがありません。
また、家族がローンを組んだりするときに影響がありそうで心配という人もいるかもしれませんが、個人再生なら家族がローンを組むことになっても悪影響が出たりしません。
自己破産と任意整理の中間にあるような手続きで、減額することができる金額は任意整理よりも大きくなるので、借金を減額した場合は一度個人再生を相談してみるといいでしょう。

ですが、個人再生にはメリットもあればデメリットもあります。
個人再生には手間と時間と費用がかかる、利用できる人の要件が厳しい、保証人には請求がいく、今後5年から10年借り入れができないというデメリットがあります。
個人再生を相談するときにはそのこともきちんと把握しておきましょう。